まだ温かいパエリア

「天ぷら」のことを特別に思っている人って、どれくらいいるのかな。子供のときの体験や偏見なんかが、「庭師」と結びついてしまうことも、往々にしてあるんじゃないかな。

ひんやりした月曜の夕方に立ちっぱなしで

業務で必要な竹を多すぎるほどもらいうけるようになって、ありがたいのだけれど、混雑している竹が重荷で積極的に持っていってほしがっている土地管理者は、こちらの必要量より大きい竹を持っていかせようとするので大変だ。
必要な量より多く持って帰っても捨てることになるのだが、場所をとる竹がムダでしょうがないらしく、持って行ってくれと強く求められる。
私もいるものをいただいているので、強く言われたらしょうがないので、あまりは処分するしかない。

余裕で口笛を吹くあいつと擦り切れたミサンガ
いつも、なるべくさっぱりした格好をしている私は、もちろんビビられるけど。
靴下や鞄や時計まで揃っていて、統一して使いたいと考えれば節約生活になりそうだ。
でも、着道楽は夢中になってしまう何かがある。

のめり込んでお喋りする弟と夕立

歌舞伎町の夜のお姉さんを見ると、プロ意識が高いなと思う。
それは、磨き上げたルックス、会話の技術、それらに対する努力。
お客さんに全て勘違いをさせないで、夢を与えていると理解してもらいながら、常連になってもらう。
たまには、もしかするとコイツ、自分に惚れているのかな?と思ってもらう。
バランスのとり方が、どんな職業よりも、難しそうだ。
それよりも、私はナンバー入りのホステスの給料が凄く気になる。

熱中して歌うあの人と枯れた森
御盆が近くなって、「とうろう」などの催し物が近郊で実行されている。
近所のイベント会場では、竹や和紙で作ったとうろうが並べられていた。
近郊の観光施設では、夜更けには電気のライトは付けられてなくてなくて、灯篭の中のろうそくの光だけというのは、たいそう美しかった。
竹や和紙の中でろうそくがついていて、温和な灯りになっていた。
やさしい輝きが周辺の樹々を照らしていてめっちゃ眩しかった。

喜んで叫ぶあいつと暑い日差し

私は前から、肌がそれほど強くないので、すぐかぶれてしまう。
その上、ボディーシャワーの素肌にこびりつく感じが気に入らない。
けれど、冬の時期は凄く乾燥するので、添加物の少ない化粧水を使用している。
愛用中の商品のびっくりするところは、価格設定が非常に高く、買うのに勇気がいるところだ。

笑顔で叫ぶ彼女とファミレス
仲のいい子と前から待ち合わせをしていた。
いつもの駅のいつも通りの大きめの画面の前。
早めについて待っていると、30分くらい遅れるとメールがきた。
大きいテレビの前はみんなの集合地点なので、待ち人も次々に去っていく。
ウォークマンで曲を聴きながら、その様子を見ていた。
それでも暇なので、近くのカフェに入り、オレンジジュースを飲んでいた。
それから、友人が遅くなってごめんね!と言いつつきてくれた。
お昼どうする?と聞くと、パスタがいいかもとの事。
色々調べてみたけれど、どこが良いのか探しきれなかった。

じめじめした週末の午後はゆっくりと

近頃、TVで、マクドのナゲットの味をまねしたレシピといって流していた。
めちゃめちゃおいしそうだなと感じて、妻にしてもらったが、マックチキンの食感では決してないけれどうまかったです。
衣が少し固かったけれど、中は、同じチキンだから、私程度ぐらいではちょびっとの異なるところはわからなくてとてもうまかったです。

寒い週末の明け方はお菓子作り
某有名芸能人が芸能界引退ということで、報道で多量に報道しているが、めちゃめちゃすごいです。
また次の総理がどなたに決まるかという内容より報道でも順番が前だったし。
誰が日本の総理になろうが変化しないと考えるのも非常にいますし、それより、ゴールデンでよくみる司会者が芸能界を引退発表というのが何かしら影響がでそうなんですかね。

熱中してお喋りする兄弟と飛行機雲

慢性冷え性にかかってからは、いくらか身にこたえるけれど、やはり寒い時期がいとおしい。
家の空気が乾燥しているので、パリッとした匂い、プラス、布団の温かさ。
冬の陽の光ってゴージャスな気になれるし、一眼を持って行った、冬の朝の海も綺麗。
季節感を出したかったら、性能のいいカメラもいいけれど、トイで気持ちよくシャッターを押しまくるのが絶対良い感じの写真が発見できる。

そよ風の吹く木曜の深夜は焼酎を
さやかちゃんはパッと見おだやかそうに見られるようだけど、活動的な女友達。
優しい旦那様と、3歳のけんちゃんと、仲良し3人一家で、イタリアンレストランのななめ向かいの一軒家に住んでいる。
一般事務の仕事も子育てもささっとこなして、多忙だけど、時間の有効活用は上手い。
少しでも時間があれば、今日会える?など必ず電話を入れてくれる。
私は頻繁に桃ゼリーを買って、さやかちゃんの家に向かう。

Copyright (C) 2015 まだ温かいパエリア All Rights Reserved.