まだ温かいパエリア

「陽炎」のこと好きかな?嫌いかな?それぞれ思いがあるかもしれないけど、あながち悪いものではないよね、「うどん」。そんな気がしない?

無我夢中で話す彼女と僕

鹿児島の老齢の女の人は、いつも毎日、生花をお墓になさっているから、そのために、生花がたくさん必要で、生花農家も多い。
夜、バイクで駆けていると、菊の為のの光源がさいさい夜、バイクで駆けていると、菊の為のの光源がさいさい目に触れる。
建物の光源はものすごく少ないへんぴな所ですが、菊の栽培ライトは頻繁に見える。
菊の栽培照明はしきりに目についても人の行き来はとてもほんの少しで街灯の照明もとてもほんの少しで、危険なので、高校生など、JRの駅まで送ってもらっている学生ばかりだ。

風の無い土曜の夕暮れはひっそりと
バースデーに親友から貰った香水があるのだけど、強いフローラル系の香水。
合う瓶で、意識してチョイスしてくれた作品で、ちっちゃくて飾りのリボンが可愛い。
雰囲気も香水瓶もどんなに大げさに言っても派手とは言い難い匂いだ。
ストアにはたくさんの香水が並べられていたのだけど、目立たない場所に置いてあったもの。
サイズは本当に小さい。
可愛くて重宝している。
外に出る時だけでなく、仕事のときもカバンの中に、家での仕事のときも机に置いている。
そのことから、手提げは同じ匂い。
だいたいいつでもつけているので、そうじゃないときは今日あの香りしないと言われる場合もたまに。
香水ストアにてたくさんの香水を試すのも好きなことだけど、この香水は今までの中で一番気に入っている香りだ。

雲が多い土曜の夕方に微笑んで

人間のおおよそが水という発表もありますので、水分は一つの体の基礎です。
水の補給を怠ることなく、お互いに元気で楽しい季節を過ごしたいものです。
ぎらつく強い日差しの中より蝉の鳴き声が耳に届くこの頃、いつもはそんなに外出しないという方でも外出したいと思うかもしれません。
すると、女の人だったら日焼け対策に関して敏感な方が多いかもしれません。
夏のお肌のスキンケアは夏が過ぎた時に表れるという位なので、やっぱり気にしてしまう所かもしれません。
もう一つ、誰もが気を使っているのが水分補給につてです。
もちろん、いつも水分の過剰摂取は、良いとは言えないものの暑い時期ばかりは少し例外の可能性もあります。
なぜかというと、多く汗をかいて、知らない間に体から水分が出ていくからです。
外に出るときの自分の調子も影響するかもしれません。
ひょっとすると、自分で気づかないうちにわずかな脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるかもしれません。
夏の時期の水分摂取は、次の瞬間の健康状態に表れるといっても過言ではないかもしれないです。
ちょっとだけ外へ出るときにも、小さなものでオッケーなので、水筒があるととっても便利です。
人間のおおよそが水という発表もありますので、水分は一つの体の基礎です。
水の補給を怠ることなく、お互いに元気で楽しい季節を過ごしたいものです。

怒って踊る姉妹と私
本日の体育の授業はポートボールだった。
少年は、球技は得意ではないので、つまらなそうに体操服に着替えていた。
おそらく今日は、運動は何でもこなすケンイチ君ばかり活躍するのだろう。
今日はきっと、運動は何でもこなすケンイチ君ばかり注目を集めることになるのだろう。
だとしたら、少年が恋しているフーコちゃんも、ケンイチ君がヒーローになるところを見るなるのだろう。
少年はフーコちゃんをチラチラ見ながら、運動場へ出かけていった。
だけどフーコちゃんは、ケンイチ君ではなく、少年の方を何度もチラチラ見てたことを、少年は気がつかなかった。

控え目に体操する母さんと観光地

友達のチカコは頭がキレる。
頭が良いなーと思う。
何があっても人を傷つけたりはしない。
あれ?と感じても、とりあえずその人の気持ちも重視する。
だから、許容範囲が広がるし、我慢強くなれるのだ。
意見を押しとおす事より、この方が知佳子にとって優先なのかもしれない。
自分が傷つかなくてすむ方法、経験を自分のものにするやり方をよーく分かっている。

無我夢中で口笛を吹く姉妹とよく冷えたビール
石田衣良さんという物書きに出会ったのは、愛のマンションで。
愛がいない部屋というサブジェクトの小さなストーリーがぎっしり詰まった文庫本が彼女の部屋に置いてあったから。
故郷の新潟のお母さんが読んで、それをカップラーメンや果物と一緒に箱詰めにして宅急便で送ってくれたらしい。
当時はまだまだ世に知れていなかった石田衣良。
彼女は普段自伝や経済、ファッション誌などは読む。
しかし、俗にいうノベルは気に入らないらしく、愛がいない部屋を私にくれた。
愛のママはどんなことを思いながら、石田衣良さんのこの本を手に取ったのだろうか。

笑顔で自転車をこぐ弟と僕

東京都で古くから賑わっている町が、台東区浅草。
特に知名度の高い仏様が浅草寺。
まさにこの頃、浅草寺詣でに行った。
久しぶりに来た都内浅草。
再度、自分自身の目できちんと直視し理解したのが、日本人以外のツアー客たくさんいること。
世界中より旅行客が集中するここ浅草だけど、前よりどのように見ても多い。
それは世界で一番の総合電波塔である、東京スカイツリーが建った影響もあるだろう。
近隣の国からは、新東京国際空港のハブ化に伴って便利になったという事で、プラス、ヨーロッパ方面や欧米諸国からは、着物や和装小物に憧れて来ているツアー客が多数だろう。
とにもかくにも、この先も多くの外国人観光客がやってくることを予想させられた。
日本の良さを見つけ、ぜひ楽しんで心に残る記念にして欲しい。
一方の私は、仲見世通りをじゅうぶん散策することができた。
お土産として名物の人形焼と、雷おこしをたくさん購入して、足袋や木刀も見せてもらった。
宝蔵門を通過すると、威厳のある浅草寺本堂が見えてくる。
この屋根の瓦は雨に濡れてもさびにくいチタンを採用して、改修工事を行ったそう。
本堂の観音にお礼と旅の無事をかねてしっかりご参拝してきた。
今年の成果が、いつか実りますように。

風の無い水曜の早朝に散歩を
昔、短大の卒業旅行で、友達と3人で飛行機でソウルにツアーに行った。
初の韓国旅行で、ロッテホテルに1泊2日の宿泊だった。
繁華街を結構見学して、はしゃいでいたけれど、そのうち道に迷ってしまった。
日本語は、当然通じないし、英語も全く通じない。
泣きそうになっていると、韓国のお兄さんが、完璧な日本語で戻る方法を伝えてくれた。
働きはじめる前に日本の大学に滞在して日本文化の勉強をしたらしい。
そのおかげで、また、素晴らしい韓国見物を続けることが可能になった。
帰る当日、バスで道を教えてくれたその人に縁があってばったり会った。
「ぜひまた」と言われたので、私たちはここが大好きになった。
いつも1年に1度は韓国への旅が実現される。

汗をたらしてお喋りする家族と公園の噴水

ある雪の日、少年はママからおつかいをことづかって、はくさいとネギとぶた肉を買いにいくところだった。
少年は思った。
今夜はお鍋だ!やったぜ!…と。
しかし、事件はその時起きたのである。
なんと、ズボンのポケットにしまっておいたおつかい用の2千円が、無くなっているのだ!
少年はスーパーマーケットの支払い所に並ぶ前に、大丈夫だよね、とズボンのポケットをまさぐって確かめてみたのだ。
そしてその時お金がどこにも無いことに気付いたのである。
怒られる覚悟を決め、少年はしかたなく手ぶらで家に帰ることにした。
次回からは、お金は靴か靴下にしまっておこう。
少年は天を仰いでそう決意した。

具合悪そうに踊る妹と花粉症
暑い季節らしいことを特別していないが、ともだちとさ来週、コテージをレンタルしてバーベキューを行う。
夏の流れだが、たまには、息抜きになる。
男手があまりいないので、すごくたくさんなんやかんや準備をしないといけない。
特に、バーベキューの準備が、女性だと苦手な人がまあまあいるので、頑張らないと。
そうは言ってもたぶんみんなでビールをがぶがぶ飲むその時は、ビールを飲みすぎない様に気をつけよう。

Copyright (C) 2015 まだ温かいパエリア All Rights Reserved.