まだ温かいパエリア

例えば、地球を初めて見る宇宙人に「猟師」を説明するとしたら、どうする?「料理人」の特徴とか、ううん、そもそもこの世界のことから説明始めるのかもしれない。

前のめりで踊る家族と公園の噴水

学生時代、体の状態が良くない上に、食事と、眠りの具合が良くなかったので、シミが激増した。
マズいと思い立って、生活習慣を改善することを誓い、肌ケアに良い事をやってみようとリサーチした。
根強く推進されたのが、アセロラドリンクだ。
しばらくたった今でも毎晩飲んでいる。
あのレモンよりも肌に必要なビタミンCが豊かに摂取できるらしい。
体調と美容はやっぱり食事からつくられるのかもしれない。

一生懸命叫ぶ彼と公園の噴水
仕事で着るスーツスカートを購入しに行った。
コムサでモードなどフォーマルなところもいいな〜と悩んだけれどギャルショップも有りだと思う。
華やかでハキハキとした女性向けのファッションビルで、体のラインが出るファッションが多数。
値段はショップによって差があるのはもちろんだが、なんとなくお手頃。
中で、購入する物を選んでいたが、小さめの物が多く取り扱われていた。
着用後、普段よりあか抜けているように見える気がする。
良い感じのスーツ選びが達成できて、とても満足感があった。

熱中して泳ぐ彼女と月夜

久しく行ってなかった地方への出張の際、初めて業務でお世話になったAさんという年配の方は、大柄な先輩だ。
最初に会った時から近寄りがたく、プラーベートな会話はほとんど話す機会がなかった。
先日、ふとAさんの腕まくりした太い腕を拝見して驚いた!
大粒の天然石のアクセが10個以上つけられていたため。
気付いたら、天然石興味があるんですね!と話しかけてしまった。くらい。
するとAさんは得意げに、想像とはうらはらに笑顔で、種類別の天然石の名前を教えてくれた。

喜んで話す君と横殴りの雪
以外と生地はばかにならない。
子が園に9月から行くので、かばんがわりのものが入用なのでありながら、私が思っていたより縫物用の布が少しでも値段がした。
ことのほか、キャラクターものの裁縫するための布なんて、ものすごく価格が高かった。
ミッフィーとか他の裁縫するための布がとっても金額がいった。
使うサイズの本入れやボール入れをお店で購入するのが早いし、以外と安いのだけど、しかし、農村なので、確認したら、みんな、家でつくったものだし、近隣に売っていない。

ひんやりした平日の夜明けは椅子に座る

興味はあっても行ったことはないけれど、真っ暗な動物園は、夜行性の動物がたいそうはつらつと活動していて眺めていておもしろいらしい。
行ってみたかったけれど、暗くなってからの動物園は見に行ったことがないけれど、子供がもう少しだけ夜もおきていれるようになったら見てみようと妻と話している。
もう少しだけ動物をこわがらないようになったら、必ず、子供もはしゃいでくれると思うから。
通常の動物園と異質の景色を妻も私もちょっとは体験してみたい。

喜んでお喋りする兄さんとファミレス
とある大事な業務があったとき「大丈夫だろう」と考えていた昔。
当時の私たち新人みんなが「過ぎちゃえば割と簡単なことだよ」など楽観的に取り組んでいた。
そしたら指導担当の女性上司が、促したセリフが脳裏に残っている。
「成功に向かってじゅうぶんに準備をしたからこそ、終わってから無事だっただけの話。
それ故に、みんなのように甘く過ごしていて、偶然にも仕事が大したことなかったという意味ではありません。
終わってしまえば単純だったといった言葉の裏にあるのは、正反対です。
コツコツとじゅうぶん取り組み準備をしたからこそ、能力が業務内容を越えて、内容がスムーズに進んだと表しています。
がっつりやる気になれましたか?
なめていないで早く取り組んでください。」
と言うセリフ。
その後、新入社員一同必死に勉強ししっかり仕事をすることができた。

笑顔で大声を出すあいつと壊れた自動販売機

ビールなど、お酒のおつまみには、ぜひ健康に良い物を!と思っている。
ロングヒットなおつまみはキュウリ。
もっと前はサンマ。
それにも飽きて、近頃は、明太子だけれど、少々高めなのであきらめた。
そして、新メニューを発見した。
パック入りの80円くらいのエリンギ。
好きな大きさに切って、バターで炒めて、みりんと醤油を適量使用し味付た物。
とても値段は低め、KCALも低い気がしませんか。

雲が多い日曜の晩にビールを
友人のアパートのベランダで育てられているトマトは、気の毒なミニトマトかもしれない。
枯れる直前まで水を与えなかったり、なんとなくミックスジュースをあげたり、OJをあげたり。
酔った私と彼女に、ウイスキーを飲まされたこともある。
トマトの親である友達は、今度絶対トマトジュースをあげてみたいという。
私たちの中でトマトの意思は完璧に関係ない。

具合悪そうに熱弁するあなたと夕立

知佳子はAさんの事が大好きだと感じられる。
Aさんも知佳子の事を大事にしている。
彼が出張の時は、知佳子も必ず一緒だし、この前は私も一日目だけ付き添った。
Aさんも知佳子も私の事を同じ呼び方で呼びかけるし、何かを始める時は、一番に、私に聞いてくれる。
なんとなしに可愛がってくれている気がしてきて、非常に心地がよかった。

雲が多い週末の午前に外へ
いつも、残業やするべきことに追われていて、そこまでフリーの時間がない。
ちょっとだけフリーがあっても、だいたい次の仕事の予定など、何かしらの期限が頭にある。
そんなときに、一日休みがもらえると、めちゃくちゃ喜んでしまう。
さて、この少しだけオフを何に費やそうかと。
結局ほとんどが、あれしたい、これも、など願いのみが募り、全部は上手くいかない。
特に私はゆっくりペースなので、考えているうちに一日が経過。
時は金なり、なんてまさに真実だと感じる。

Copyright (C) 2015 まだ温かいパエリア All Rights Reserved.